飲み会1回で世界変わった

こんにちは、みさです。

 

コロナの影響もあり、人と会うことをやめ

コツコツと家で作業していたんだけど

気分転換に同じコミュニティの方と

飲み会に行ったら最高過ぎた話です。

対人無理だからは無理

私が大学卒業後にシステムエンジニアになった時、

文系がエンジニアを目指す多くの理由は

「コミュニケーションスキルに自信がない」からだった。

 

人と話すのが苦手だから、パソコンに対峙してお金貰える仕事

と思って応募が多かったんだけど、

実際はそんなことはない!!

 

・月に1回は本社で行われる部の会議で発表はあるし

・お客様に資料の説明

・承認貰うのにスタンプラリー

・チームでの朝会、夕会

・毎月のメンバーの歓迎会、お疲れ様会

・先輩にホウレンソウ

・後輩に説明

 

普通に考えてもコミュニケーションが

超重要な職業だ。

 

むしろコミュ力がないと

成り立たない。

 

 

基本チームプレイだから

1人が勝手に作業されると崩壊する。

 

 

他の職業に比べればもしかしたら

少ないと言えば少ないかもしれないが、

しゃべるの苦手で選ぶ職業じゃない。

 

これと似たようなことが言えるのが

フリーランスだ。

個人だから個人プレーは危険

個人で仕事をするとなれば、

家で仕事ができるし、

必要最低限の対人で済むと安心するかもしれないが、

全くの真逆の考えだ。

 

 

個人で勝負するほど「人との縁」は偉大だ。

 

 

どこから仕事に繋がるかわからないから

人とのつながりは大事だし、

会社の信頼なんてないから個人が信頼を得るためには

よっぽどインパクトの残らないと勝てない。

 

 

初期は飲み会1つだって勝負だと思う。

普通じゃ選ばれない。

 

 

だからこそ横のつながり、縦の繋がりは

めちゃくちゃ大事にしなくちゃいけないと思う。

 

私の知っている事例でも、

・名古屋から新幹線で残り1時間の東京飲み会参加

・メルマガに全部返信

・5次会まで粘って参加

などなど結果出してる人はチャンスをもぎ取っている

 

結局、外出たもん勝ちです

私もコロナを言い訳に家に引きこもっていたが、

「停滞」の2文字が頭をよぎり

仲間と外で会うことにした。

 

やはりこんな状況でも成果を出す人は

めっちゃ動いている。

 

これ何十万の価値ある情報?

というものがわんさか出てくる。

 

1人たった3000円の会費なのに

とんでもない情報量で

過去3か月無駄になるんじゃないかくらい

加速する情報を手にした。

 

当たり前だが、1人で何でもできない。

フィードバックのある環境に身を置くことが

最速であるが、もしそれができない場合は、

 

<最高の仲間>

 

作りには全力投球した方が良い。

 

 

自分の頑張りが今どのあたりかわからない。

という声もたまに聴くが、

それは外に出ていない証拠だ。

 

ビジネスやるにしても外に出た方が

とんでもない加速に繋がる。

 

大人になっての友達作りは

割とハードル高いんだけど・・・

 

でも超大事。

 

3か月の自粛生活から

1回の飲み会で運命開けちゃった私からの

自戒でもありアドバイスだ。

 

副業初報酬までの暴露PDFを無料公開中です

私は社会人6年目から副業を開始して会社にバレず、
手取りと同じくらい収益化できています。

生まれ持っての才能や、人脈に恵まれたわけでもありません。

大学を卒業してシステムエンジニアとして5年間働いた後、
旅行業界に転職して給与がバイトと変わらないほどの
低賃金となり毎月カツカツな生活していました。

そんなときに、ビジネスに出会って
客船の仕事で世界を周りながらコツコツと勉強し
収益化することができました。

ビジネスを学んでいくうえで、
人間関係がうまくいく心理学、
面白いと言ってもらえるライティングスキル、
オリジナルコンテンツの作り方など、
普通の会社員では身に付かないことを知ることができました。

その経験から、いまから始めても遅くないし、
勉強して、正しく成長すれば、
好きな時に好きな場所に行き、
食べたいものを食べ、
大切な人と安心して過ごせるようになり、

行動に境界がない《ノーボーダーライフ》を
おくれるようになると思っています。

そういった理念から、私がどのようにビジネスに出会い、
ゼロから初報酬まで結果を残して行ったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

文章だけではなく面白いイラストもあり、
マンガ感覚で読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

みさの初報酬までの秘密を読んでみる

ニックネームとメールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です