私は社内ニート

社内ニートって知ってる?

なにそれって人に説明すると、

社内ニート(別名:社内失業)とは

出社はするんだけど、ほとんど仕事がなく

何もしない人のことで、

10人に1人が社内ニートといわれているそうです。

 

単語自体は前から知っていて、

「仕事しなくて給与がもらえるとか最高じゃない?」

なんて羨ましがっていました。

 

しかし、

いざ自分が社内ニートになると超大変でした!!

 

社内ニートのリアル

コロナの影響でお客様がいなくなった客船業。

仕事内容はキャンセルか返金。

めちゃくちゃネガティブな気持ちになります。

 

しかし返済するめどがたてばあとは

毎月銀行が自動で返金してくれます。

 

 

そう。仕事がないのです。

 

 

せいぜい30分で終了

 

【社内ニートの1日】

8:20 出社 & 掃除・ごみ捨て

8:45 メールチェック

9:00 返金対象者のチェック

 

これで仕事が終わるのです。

 

12:00のランチまで本当に暇。

定時の17:30なんて果てしない…

 

 

ヤフーニュースも全部のタブをみたし、

スクロールして下までチェックしました。

Googleのニュースも全部見ました。

 

それでもやることがない!!!

現状打破の努力はした

1週間、その生活に耐えたけど

本当にやることが無くて苦痛だったので

部長に「時短」か「休業」の打診をしました。

 

しかし、返ってきたのは

「週5でお願いします。」

という絶望的回答だったのです。

 

なぜそこまでして私を縛るのか?

会社の、部の体裁を保ちたいのか?

 

もうしょうがないのでブログのネタを書き出したり、

メールマガジンの下書きを作りました。

 

仕事も30分で終わる内容ですが手順書を作って

私以外の人も出来る用に教育しました。

 

本当にやることがないです。

 

 

2週間後、

もう一度部長に相談したら

「休業」をいただけました。

私は心の中でガッツポーズをした!!

誰しも社内ニートの可能性はあるよ

この状況をどこか他人事のように読んでる人も

もしかしたらいるかもしれません。

 

でも、恐慌が起きたり、会社の不祥事などで

自分の意志と関係なく仕事がなくなるのは

会社員にとっては大きなリスクです。

誰にでも起こりうる可能性はあります。

 

私には副業という2つ目の収入源があるから

会社が休業してもクビにされても

実は痛くもかゆくもないのです。

「じゃあ、フリーランスになるか」

と決心すると思います。

 

でももし、

会社員1本しか収入が無かったら、

どうでしょう??

 

想像してほしいのです。

 

 

同じ境遇の会社の先輩は

不満と愚痴を吐き散らかし

家で休業しています。

家で面白くないワイドショーを見るだけ。

 

 

 

私は会社の給与に依存しない

第2の収入源を確保しました。

お金の増やし方をまじめに情報収集し

コツコツ頑張っていれば先輩のような

依存社員にはならなくて済みます。

 

私のメルマガの中で私が具体的に

何をしてきたのかまとめたPDFを配布しています。

無料で閲覧可能です。

 

 

社内ニートに未来はないですね。

副業初報酬までの暴露PDFを無料公開中です

私は社会人6年目から副業を開始して会社にバレず、
手取りと同じくらい収益化できています。

生まれ持っての才能や、人脈に恵まれたわけでもありません。

大学を卒業してシステムエンジニアとして5年間働いた後、
旅行業界に転職して給与がバイトと変わらないほどの
低賃金となり毎月カツカツな生活していました。

そんなときに、ビジネスに出会って
客船の仕事で世界を周りながらコツコツと勉強し
収益化することができました。

ビジネスを学んでいくうえで、
人間関係がうまくいく心理学、
面白いと言ってもらえるライティングスキル、
オリジナルコンテンツの作り方など、
普通の会社員では身に付かないことを知ることができました。

その経験から、いまから始めても遅くないし、
勉強して、正しく成長すれば、
好きな時に好きな場所に行き、
食べたいものを食べ、
大切な人と安心して過ごせるようになり、

行動に境界がない《ノーボーダーライフ》を
おくれるようになると思っています。

そういった理念から、私がどのようにビジネスに出会い、
ゼロから初報酬まで結果を残して行ったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

文章だけではなく面白いイラストもあり、
マンガ感覚で読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

みさの初報酬までの秘密を読んでみる

ニックネームとメールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です