【TBA】登壇者が語る裏トーク(^^♪

こんにちは、みさです。

今日は先日登壇したTBAセミナーの裏話。

ブログを書こうと思ったきっかけは、

今まで登壇者が(みうさんを除き)ブログを
書いているのみたこと無いなぁ

私もなんか書きたいなぁ~

なんて久々に思い書くことにしました。

ブログ本当は苦手…でもたまにやるから楽しい。

そんな感じです。

 

みうさん。

貴重なチャンスをいただきありがとうございます!!


ではさっそくネタ晴らしブログ、スターティン!!

家に帰ってからの真の理由

これは、私の頭の中の戦略大公開。

なにを考えて、どう発言していたのか
知ってもらえれば、読んだ人が何かの機会で
活用できるのでは??

と思いネタ晴らしすることにしました。

今回のワイロ、

それはドバイ土産とお手紙。

もともとはドバイ土産を配る予定で、
11/22にみうさんにはお話ししていました。
(女子の抜け駆けは怖いので…ネゴネゴ)

しかし急遽登壇することになったので、
作戦を変更したのです。


「家に帰る前に、開けるとわかる理由」

それは、絶対に反応したくなるからです。


会場という小さいスケールの中で感想を言われても
嬉しいけど、内輪で終わってしまう…
あと緊張で多分頭に入ってこない…(本音)


もちろんめっちゃうれしいし、盛り上がる。
わかっていましたが、後ろ倒ししました。

なぜなら
文字に起こさないと記録が残らない。


それを避けたかったのです。


そして、
ネットを使うことでその拡散力は
半端ない力を発揮します。


かつ、
はじめましての方にも
行動へのハードルをトコトン下げたかった。


そう。参加者の皆さんには、
こんな導線を引いておりました。


家に帰るまでわくわく(楽しい)

家でオープン!(驚き)

どうしたらいいかなぁ(悩む)

Twitterで誰かが投稿してる(安心)

自分も投稿&感想(挑戦)

他のメンバーも投稿&感想(共感)

全員別バージョンと知る(驚き)

盛り上がる!!!!!(楽しい)

ネタ晴らし!


いろんなポジティブ感情が動いたと思います。

ちなみに、
今回のワイロ投稿を
1番に先陣きって投稿してくれたのは、
一緒にランチに行った、
うとさんDINKsリカさんでした。


はい。投稿してくれると
信じておりました!!!


強制はしてません。
もちろん。

でも超期待していたのでうれしかったです。
そのあとはみんなどんどん投稿。。。
通知が途切れないってこのことか!
ってなりました。
ありがとうございます。


今回のセミナーですが、
参加者はみうさん、涼さん含めて確か19名でした。
そのうち感想をいただいたのは、実は20名以上…


なんだそれ?って思いますよね。

実は、ツイッターからの感想。
セミナー動画からの感想も結構いただけました。


凄くないですか!!


あの菅さんからも声かけていただきました!!
(しかもなんかヘン人認定されてるらしい。)


参加できなかったメンバーには、

参加すればよかったと思ってもらうことで、

リアルセミナーをもっと盛り上げられたらと思いました!!

1週間で準備で来た理由

始めに一言いうと、徹底的に追い込みました。

いわゆる宣言ってやつです。

みうさん、JUJUさん、菅さん、LINE@メンバー
それぞれ私が裏切れん!と思っている方々に
登壇することを分かった時点で伝えました。


このスピード感を感じてもらえれば
と思い全部公開します。

1日目(12/8)
15:29 FB内で登壇者発表。
     なんも準備してない。
     緊張でゲロ吐きそうになる。
     半泣きでコンサルさんに相談。
     作業開始!
15:30 本日中に案を送る宣言
17:23 大枠だけ作ってみうさんに提出
     ちょっとほっとして飲み会参加
             <最初はこのレベル

2日目(12/9)
会社
日本舞踊のお稽古
普通に帰宅22時。オワタ。


3日目(12/10)
会社
10:27:みうさんに進捗報告
よなよな作業

4日目(12/11)
会社
コンサルさんからの指摘修正
よなよな作業

5日目(12/12)
01:37:みうさんに進捗報告
会社
20:00:コンサルさんと1時間以上話す。
   →自分の伝えたいポイント説明
    改善案を貰いパワポ修正
よなよな作業

6日目(12/13)
会社
10:26 みうさんに最終版提出
      参加者情報収集開始
17:30 期待の新人しほちゃんを召喚して
      秘儀ヴァイオレット・エバーガーデン発動(要は代筆)
19:30 コンサルさんと最終相談という名の美食会

7日目(12/14)
プリント準備
本番


こんな風に作成過程を
UPしていくのも斬新で面白いかな?
と思いました。

参加者は受け手じゃない理由

今回登壇した中で、

『聞く側は受け身』

という発言をしましたが
これを撤回したいのです。

土下座レベルで撤回したいです。


私がガチガチになって前で話しているとき、

ひときは熱い視線を感じました。
全体をみて話しつつも
私はその人ばかり見てしまうのです。
その人の反応を見てしまうのです。

なぜだろう。


前に立ちながらもその人とその他のメンバーを
比較してみました。


・ずっとニコニコしている
・アイコンタクトしてくれる
・いつでも指していいよって目で訴えてる
・うなずいてくれる
・リアクション取ってくれる
・前のめりで聞いてくれる
・一生懸命メモも取ってくれる


これ、

全部私(登壇者)にとってGIVEなんです。
めちゃくちゃうれしかったんです。
頑張ろうって思えたし、
楽しんでくれているんだって思えました。


と同時に私もめちゃくちゃ反省しました。
過去の私はここまでできていなかった。


断言します。

これは完全なるGIVEです。

参加者は受け身。

これは完全なる固定概念。

参加者は提供者です。

ぜひ参加者は登壇者への徹底的なGIVEに
専念してみてはいかがでしょう。

セミナー後、
みうさんとぷうかさんと
お話しする時間があったので、
その話をしたところ
やはりセミナー参加者は
提供側だという認識でした。


反省…


さて、そろそろこのGIVEが誰だか
気になっていることでしょう。


その方の名前は「ぷうかさん」でした。

さすがっす。

登壇を即決できた理由

2分。それが即決のタイム。


実は私は過去、大きな失態をしていました。

1度目。

それは、TBA加入1か月目の時です。

「東京でディナー会やるけどきませんか?」

みうさんはたまに東京に出てくると
TBAメンバーを誘ってディナーやバーに行きます。
当時の私は、通知系全てオフにしており、
その案内を見たのは1時間後。

「はい!ぜひ参加したいです」

と勇気を出してメッセージしたときには
既に別の方を誘っており参加できませんでした。

めちゃくちゃ悔しかったんです。


こんなチャンスを無駄にして、
これから頑張ろうって思ったのに
自分はチャンスを捨ててしまった…


結構しょげました。凹んだ。


実はまだある。


みうさんが命名権をえた「ブロバー」ドリンク。
一緒に行く人を募集していた。


場所は高円寺。


遠い。

会社帰り疲れてる。

みうさんと話が続くかわからない。

沈黙になったらつまらない存在と思われるかも。

2人きりになっちゃったらどうしよう。


意味わからん理由で「不参加します」
って回答していましたが。


後日談を知って大大大大大大大後悔。

なんとだいぽんさんが参加していた。

ビッグコネクションだ。

どぶに捨ててた。


しかも参加したぷうかさんは
そのあとものすごい勢いで
成長していっていた。


ブロバーで何があったのか。


話を聞いて本当に後悔した。


もう次のお誘いは断らない!


そんな思いの時、
今回のオファーを見ました。


2分で即決。

というのは2度の失敗から得た逆転劇だったのです。


もとから凄いんじゃないんです。

いっぱい反省と失敗をしたからできるのです。

ちなみに
「やらぬ後悔より、やって後悔しよう」
の元ネタはこちらです。

Juice=Juice『CHOICE & CHANCE』(MV)


あとあと、私が当時みうさんに
プレゼントした動画案はこんなやつです。
こんなんで大丈夫です。

みうさんの動画案

 

ではでは

副業初報酬までの暴露PDFを無料公開中です

私は社会人6年目から副業を開始して会社にバレず、
手取りと同じくらい収益化できています。

生まれ持っての才能や、人脈に恵まれたわけでもありません。

大学を卒業してシステムエンジニアとして5年間働いた後、
旅行業界に転職して給与がバイトと変わらないほどの
低賃金となり毎月カツカツな生活していました。

そんなときに、ビジネスに出会って
客船の仕事で世界を周りながらコツコツと勉強し
収益化することができました。

ビジネスを学んでいくうえで、
人間関係がうまくいく心理学、
面白いと言ってもらえるライティングスキル、
オリジナルコンテンツの作り方など、
普通の会社員では身に付かないことを知ることができました。

その経験から、いまから始めても遅くないし、
勉強して、正しく成長すれば、
好きな時に好きな場所に行き、
食べたいものを食べ、
大切な人と安心して過ごせるようになり、

行動に境界がない《ノーボーダーライフ》を
おくれるようになると思っています。

そういった理念から、私がどのようにビジネスに出会い、
ゼロから初報酬まで結果を残して行ったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

文章だけではなく面白いイラストもあり、
マンガ感覚で読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

みさの初報酬までの秘密を読んでみる

ニックネームとメールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です